建設業許可

杉本英哉司法書士事務所 HOME » 会社設立・起業手続き » 建設業許可

直接請け負った工事を下請契約によって施工する場合、下請契約の総額が3000万円以上(建築一式工事は4500万円)の場合には特定建設業の許可が必要です。

続きを読む

一般建設業の専任技術者の要件について

続きを読む

建設業許可を取得するには常勤役員(個人事業主の場合は個人)のうち1名が経営業務の管理責任者としての経験を有する者でなければなりません。

続きを読む

建設業許可の際に必要な残高証明ですが、新規設立会社が許可を受ける時には不要となる場合があります。

続きを読む

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ