会社設立・起業手続き
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 会社設立・起業手続き » 会社設立に必要なもの » 会社印の作成

会社印の作成

2013年08月2日

カテゴリ : 会社設立に必要なもの

 

会社を作るには、「実印」「銀行印」「角印」等が必要です。
それぞれどういうものか見ていきましょう。

 

「実印」は、「代表者印」又は「(法務局)届出印」と呼ばれたりすることもあります。
丸印の会社がほとんどです。
法務局への設立登記の申請の際に必要になります。
設立登記が完了すれば、印鑑カードが発行され、法務局で印鑑証明書を取ることができます。

 

「銀行印」は、その名のとおり銀行に届け出て、銀行取引で使用します。
これも丸印がほとんどです。

 

「角印」は、必ずしも作らなければならないわけではありませんが、
請求書等に押印する際に、使用する会社が多いようです。

 

これらとは別に、丸型の「認印」も作成しておいて、
特に印鑑の指定がない一般の書類にはこれを押すようにするといいでしょう。

 

 

 

前の記事 会社設立・起業手続きの記事一覧へ 次の記事
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ