会社設立・起業手続き
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 会社設立・起業手続き » 起業準備 » 許認可が不要な事業

許認可が不要な事業

2013年10月24日

カテゴリ : 起業準備

 

事業を開始するには、許可や認可や届出が必要な場合が多くあります。

 

逆に、許認可が不要なものを以下にあげておきます。

 

1.通信販売業

インターネットショップをすること自体には許可は不要です。ただし、食品を扱うならば飲食店営業、リサイクルショップなら古物営業等、扱う商品によっては許可が必要になる場合があります。

 

2.ベビーシッター

ベビーシッターの場合は特に資格や許認可は不要です。ただし、厚生労働省所管の社団法人全国ベビーシッター協会に登録することが望ましく、同教会では認定ベビーシッター資格試験を実施しています。

 

3.カイロプラクティック

特に資格や許可は必要ありません。各種団体による自主規制があります。

 

4.家庭教師派遣業

ただし、一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業にあたる場合は許可が必要です。

 

5.学習塾

 

6.葬儀屋

霊柩車を使用する場合には一般貨物自動車運送事業経営許可が必要です。

 

7.駐車場経営

ただし、500㎡以上の場合には届出が必要になります。

 

8.便利屋、なんでも屋

ただし、業務内容によっては必要な場合があります。

 

 

前の記事 会社設立・起業手続きの記事一覧へ 次の記事
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ