相続
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 相続 » 相続の豆知識 » 兄弟姉妹に相続させたくない場合

兄弟姉妹に相続させたくない場合

2013年08月12日

カテゴリ : 相続の豆知識

 

被相続人に子供も親もいない場合は、
兄弟姉妹が相続人になります。

でも、兄弟姉妹は疎遠なので相続させたくない、
あるいは別の人に相続してほしいという場合もあるでしょう。

そんな時は、遺言書を作成することをお勧めします。
兄弟姉妹には遺留分がありませんので、
遺言書を作成しておけば兄弟姉妹に財産がいくことはありません。

 

 

 

前の記事 相続の記事一覧へ 次の記事
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ