相続
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 相続 » 相続の豆知識 » 嫡出子(ちゃくしゅつし)、非嫡出子について

嫡出子(ちゃくしゅつし)、非嫡出子について

2013年09月5日

カテゴリ : 相続の豆知識

嫡出子とは、「法律上の婚姻関係にある男女から生まれた子」

非嫡出子とは、「法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子」

のことです。

 

「子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 」(民法第900条第4号)という規定があります。

つまり婚外子の相続分は、婚姻している夫婦間の子の半分ということです。

この規定について、かつて最高裁は合憲であるとの判断をしていたのですが、
このたび違憲とする判決が出されました。

近いうちに法改正がなされると思われますが、すでに決着している事案については影響がないようです。

 

 

 

前の記事 相続の記事一覧へ 次の記事
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ