相続
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 相続 » 相続の豆知識 » 相続の開始要件と推定相続人の権利

相続の開始要件と推定相続人の権利

2013年07月10日

カテゴリ : 相続の豆知識

私が住んでいる親名義の家を、親が勝手に売ってしまった・・・。

私が住んでいる親名義の家を、親が勝手に第三者に売ってしまいました。
取り戻すことはできないでしょうか?というご相談をいただいた事があります。

相続というものがいつ始まるのかについて、民法882条は「相続は、死亡によって開始する。」と定めています。そして、被相続人の死亡によって相続人となる地位にいる人は相続開始前には推定相続人と呼ばれます。子は推定相続人となりますが、相続の開始前に被相続人がした財産処分を阻止することはできません。(最判昭和30.12.26)

残念ながら取り戻すことは現状の法律では出来ないんです。生前にしっかり話あっておく事が大事ですね。

相続の記事一覧へ 次の記事
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ