相続
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 相続 » 相続の豆知識 » 被相続人となる方が亡くなったとき

被相続人となる方が亡くなったとき

2013年08月5日

カテゴリ : 相続の豆知識

被相続人となる方が亡くなった時は、届出義務者が、死亡の事実を知った日から7日以内に、死亡届を出す必要があります。

届出義務者は第一に同居の親族、第二にその他の同居者、第三に家主、地主または土地家屋の管理人とされています。

届出先は、死亡者の本籍地、または届出人の所在地、もしくは死亡地の市区町村長です。

死亡届には死亡診断書を添付する必要があります。

 

それと同時に死体火埋葬許可も受けなければなりません。これには特に添付書類は必要ありません。

前の記事 相続の記事一覧へ 次の記事
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ