相続
杉本英哉司法書士事務所 HOME » 相続 » 家族信託 » 家族信託とは

家族信託とは

2020年03月11日

カテゴリ : 家族信託

ご高齢になると誰でも記憶力、判断力が衰えるものです。

すぐに問題は生じないとは思いますが、将来いろいろな問題が起こる可能性は出てきます。

 

認知症になると、銀行の口座が凍結され、家族が引き出すことができなくなります。

また、今住んでいる家に誰も住まなくなった場合、売却することができなくなります。

 

高齢になり、判断力が衰えた場合に利用する制度として、成年後見制度が思い浮かぶかもしれません。

しかし、成年後見制度は、負担が大きく、利用しづらい制度です。

家庭裁判所への報告義務がありますし、そもそも後見人は裁判所が選ぶので思った人が後見人に選ばれない可能性があります。

 

家族信託を利用して、判断能力が衰える前に、資産の管理・処分を信頼できる家族に託すことで、判断能力が衰えるまでは、本人の指示に基づく財産管理を、本人が判断能力を喪失した後は、託された家族が、本人の意向に沿った財産管理をスムーズに実行できます。さらに、積極的な資産運用(不動産の売却・買換・アパート建設等)も、受託者である家族の責任と判断で行うことができます。

 

ただ、家族信託は基本的には相続税対策にはなりません。また信託財産としてしまうと、例えば連年贈与のような相続税対策ができなくなる場合もあります。節税を考えるなら別の手法と組み合わせて考える必要があります。

相続の記事一覧へ
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ