NEWS
杉本英哉司法書士事務所 HOME » NEWS » その他お知らせ » 相続法の改正

相続法の改正

2019年03月26日

カテゴリ : その他お知らせ

2019年から2020年にかけて相続に関する法律が大きく変わります。

改正の内容は下記のとおりです。

①自筆証書遺言の財産目録をパソコン等で作成する ことを可能とすること

②遺産分割前の預貯金の一部の払 戻し制度,亡くなられた方の療養看護等を行った親族 の金銭請求を認める制度など

③亡くなられた方の配偶者がそれまで住んでいた建物 に住み続けられやすくするための方策

④法務局において自筆証書遺言を保管する制度

このうち②の遺産分割前の預貯金の一部払い戻し制度についてご説明します。

現行では、平成28年12月19日最高裁大法廷決定により,

① 相続された預貯金債権は遺産分割の対象財産に含まれることとなり

② 共同相続人による単独での払戻しができないこととされていました。

これでは、葬式費用等の支払いで不便であるため、遺産に属する預貯金債権のうち,一定額については,単独での払戻しを認 めるようになりました。

相続開始時の預貯金債権の額(口座基準)×1/3×当該払戻しを行う共同 相続人の法定相続分)=単独で払戻しをすることができる額

(例) 預金600万円→ 長男100万円払戻し可

その他詳しくは法務省HPをご覧ください。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html
前の記事 NEWSの記事一覧へ
事務所概要・アクセス

最新情報

カテゴリ

月別アーカイブ

お問い合わせ

ページトップへ